12月5日(月)は平和学習がありました。
飯田清和さんという方にお越しいただき、実際に広島で原爆が落ちたときの様子を語っていただきました。
子どもたちが驚いていたのは、「広島に住んでいる人で、広島に原爆が落ちたことを知っている人は69%」「日本人1億3000万人のうち、広島に原爆が落ちたことを知っている人は30%」というものです。

乳幼児が知らないのは当然としても、小学生くらいになればやっぱり知っておいてほしいですよね。飯田さんのような、実際に戦争を経験している方はどんどん少なくなっていっています。あの日、広島で何がおこったのかをその人言葉で知ることができたことは、子どもたちにとっても私たちにとっても貴重な経験となりました。