あすチャレ!Schoolという事業で、全国を飛び回っておられる

根木慎志さんが来て下さいました。

 

根木さんは、車いすバスケットボールのシドニーパラリンピック代表キャプテンとして

世界の舞台で戦っておられました。

 

ご自身の経験をもとに「障がい」の有無に関係なく、すべての人が個々の
可能性を持っていることに気づき、勇気を持って挑戦することの素晴らしさを

学びました。

 

 

6年生の中から代表者が出て、実際に車いすバスケの試合をさせていただき、

楽しさも教えてもらいました。

 

試合中は大盛り上がりで、応援していて、応援の声が体育館中に響き渡っていました。

 

子どもたちが「障がい」というものを見つめる機会となりました。