着衣水泳をしました。

 

楽しさと水難事故の危険はいつも隣り合わせにあります。

着衣水泳では、「浮いて待て」をまず教えました。

体力をいかに温存するかが、水難事故では大切になってきます。

 

服を着てラッコ浮きをすると水を含んで、なかなか浮きにくいです。

ペットボトルなど、少しでも浮くものが周りにあれば、

体を楽に浮かすことができることを体験してもらいました。

 

鞄やクーラーボックス、ランドセルでも浮くことがきます。

 

いざという時に、自分の身を守り、大切な人を守るために

今回の学習を忘れないでほしいものです。