6月29日は消防署見学に行きました。

   見学は訓練見学・庁舎見学・消防車見学に別れていきました。
この日は、全国大会に向けた訓練の真っ最中で、迫力ある救助訓練の様子を見ることができました。
自分の腰にロープを結びつけ、15mのはしごを登りきるのにかかる時間が13秒!救助するためには、このくらい素早く動けないとだめなんですね。

 庁舎見学では、仮眠室や食堂など隊員さんたちが待機する際の部屋やトレーニング室を見せていただきました。トレーニング室ではジムにあるような器具がいくつもあり、これらを使って日々トレーニングをしているとのことでした。

 消防車見学では、はしご車やポンプ車、救急車を見せていただきました。
救急車のすぐ横には、隊員さんたちの服が置いてありました。素早く出動するための工夫だと、教科書で勉強はしているのですが、やっぱり実際に見ると心に残りますね。

 最後は火事の時の煙の動きについて教えていただきました。
  「煙の下をくぐるようににげるんだよ」と教えてもらい、煙に見立てたカーテンを全員がくぐって帰りました。