7月に入ってから各クラスで「かげかげみっけ」に取り組みました。
「子どもたちがつくった影を先生が撮影する」というシンプルな活動ですが、子どもたちは頭をひねりながら、どんな影をつくるのか考えていました。


影を考えるのも難しかったようですが、各クラスとも苦労したのが「雲」です。というのも、この時期なかなか快晴に恵まれなかったんです。なので「先生~影消えた~!」「先生!今撮って!」など、太陽が雲間から顔を出すタイミングを見計らいながらの撮影になりました。