1月23日はマラソン大会がありました。学級閉鎖の影響で開催も危ぶまれましたが、なんとか通常通り開催することができました。今年の4年生は、来年の陶器山での3.3kmを見据え、2.2kmです。去年より600m(学校外周1周分)長くなったにもかかわらず、子どもたちはとてもよくがんばって走りました。子どもたちはみんな「去年の着順を上回りたい」「〇位になりたい」など自分なりの目標を持って走っていました。この日に向け、日々走りこんでいた子もいたようです。すばらしいことですね。


子どもたちの様子をみていると、後半は、かなり辛そうにしていました。でも、みんな最後まで諦めることなく2.2kmを走り切ることができました。

  

保護者のみなさまにおかれましては、ひょうが降るほどの寒さだったにもかかわらず、たくさんの方にお越しいただくことができました。みなさんの声援が、子どもたちにとってはなによりの励みになったと思います。事実、大会後の日記に「応援の声が聞こえたからがんばれた」と書いている子もいました。いつも、子どもたちを温かく見守っていただき、本当にありがとうございます。