2月8日は学習参観(2分の1成人式)・親子行事がありました。この日に向けて子どもたちは、実によくがんばり、また準備してきました。群読「大人になるということ」、そして呼びかけ「10歳の言葉」では、事前に子どもたちからアンケートをとり、それを基にクラスの言葉、一人ひとりの言葉を考えました。何度も何度も練習したので、初めは小さかった声も大きくなり、バラバラだった言葉もしっかりと揃ったものになりました。将来の夢の発表では、同じような夢を持った子をグループにして、出し物を考えました。教師からの指示を待つことなく、自分たちで考え工夫しながらつくりあげていく姿に、成長を感じました。

 

そして迎えた本番。少し緊張している様子でしたが、みんな精一杯やり切っていました。

最後の感想では、突然の指名にもかかわらず快く答えていただけました。「すてきな大人」の姿を、子どもたちも見ることができたのではないかと思います。

 

親子行事では、みんなのはじける笑顔が見られました。みんなが楽しめる企画を考えてくださった学級委員さんに感謝です。

式の後には、歌の練習でお世話になった竹村先生にもお礼の気持ちを伝えました。竹村先生とはいつも職員室で「今日の4年生がんばってたよ。」「あの子たちの歌は上手いからね。」なんてことをよく話し合っています。きっと4年生のことが大好きなんだと思います。みんなからの気持ちを受け取った竹村先生の表情、本当に嬉しそうでした。子どもたちの気持ちがしっかりと伝わりました。

このように子どもたちががんばることができたのは、「お家の方に成長した姿を見せたい!」という気持ちがあったからです。日々、お家の方がしっかりと支えてくださっているからこそ、子どもたちはがんばれました。本当にありがとうございます。